【口コミ】クワガタのマットのダニと臭いをなんとかしたい!ヒノキチップのマットで衛生的に見た目も良く改善

こんにちは マツナミです。

8月中旬に母にもらったヒラタクワガタのメスですが、最近マット(土)の臭いとダニがよく見たら発生していることに気づきました。

できるだけクワガタに快適な環境をと思い大きめのケースに十分なマットを入れ、公園で拾ってきた枝や葉を入れていたのですが、おそらく枝や葉について持ち帰ったダニとかが良くなかったのかな。。。

多少のダニは仕方ないにしても、あまりにも増えすぎてクワガタに悪影響なら嫌だなと気になること数日、クワガタを4日ほど見かけない日が続きました。

ゼリーを新しいのに変えても食べていないし、気配がないし、マットが不衛生で弱ったか?と心配になり急きょアマゾンで新しいマットを購入。

カブトムシ・クワガタのマット用 ヒノキチップ(国産)5ℓ×2袋です。

土ベースのマットに比べて、ヒノキの香りのお陰でダニが発生しにくく臭いも軽減されるらしい。

ヒノキの香りって人間にはいい香りだけどクワガタにはどうなんだろう?とも思ったけどネットを調べてみるとヒノキチップもマットとしてありなようなので使ってみることにしました。

今まで使っていた土のマットは捨てて、ケースを水洗いして乾かした後、5Lのヒノキチップをいれました。適度な湿度は必要なので、霧吹きで数回シュシュっと加湿しました。(今後は表面だけ乾いていたら加湿するといいらしい)

結構ふんわりしているので、5Lでもよさそうです。残りの5Lは来月中旬くらいの冬眠前の交換用に取っておこう。

水洗いして乾かした餌用の木もセット。

ではクワガタのお引越しです。

ヒノキチップが届く前にケースのどこかに消えたクワガタを探すため、プラスチックのレンゲに少しずつ土をすくい、クワガタがいないか確認しながら土を捨てていきました。

土の約1/3を捨ててもクワガタの姿はなく、このままいなかったらどうしよう~とドキドキでしたが、深い端っこで眠っていたのを発見!! よかった~

小さなケースに移して少量の土をかぶせたらおとなしくしていました。(きっと眠りモードだったんだ!と今なら安心して思える)

生存確認も済んだので、ヒノキチップを開封し新しい住みかを作ったので早速お引越し!

私は虫全般が苦手なので、クワガタは割りばしで移動させます。
割りばしをしっかり挟んで元気いっぱい! よかった^^

初めてのヒノキチップだから始めはじっとしていたけど、しばらくするといつも通りゼリーを食べたり、動いたりするようになりました。

小さくても生き物のお世話って気をつかうし手間もかかるので、今後はケース内の衛生面を優先してお手入れの軽減を目指すことにしました。

公園で拾ってきた枝や葉っぱのほうがクワガタには落ち着くかもですが、他の虫を連れ帰ってきたりダニの発生の原因になるので、ちょっと味気ないけど割りばしをまとめて太めの枝に見立てようと思います。(上の写真だと割りばし一本だけでかなり不安定な感じなので数本束ねた方がよさそうですね)

ケースはリビングに置いているのですが、ヒノキチップにしたことでケースのトーンが明るくなって見た目もキレイになりました。

もし地震がきたりしてケースが落ちることがあっても、土のマットよりヒノキチップの方が片付けやすそうです。

↑ちなみに今まではこんな感じでした。
できるだけ自然な感じにしていたので、これはこれでクワガタには喜んでもらえたかなと思います^^

でもマットの色がヒノキチップと全然違うので、ケースの雰囲気もガラリと変わるし、どのマットを使うかはお好みに分かれますね。

ちなみにヒノキチップにして嬉しいことは、クワガタが見つけやすくなった!ということです。
今までは土の色に混じってどこにいるか探すのに時間がかかったけど、今はすぐに発見できます。

子供達はケースに顔を近づけて見るたびに「いいにおい」と言っていたので、なんか思った以上に清潔感がでて嬉しいです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください